第九回深川落語倶楽部

豪華なのにリーズナブルで。
何故か絶対に満席にならない落語会。
今回は花緑さんがトリで。
中ドリが喬太郎さんだっていうのに!
やっぱり満席じゃなかった(>_<)

駒次さんの「We are イディオッツ」がタイトルで分かる通り新作なんだけど。
滅茶苦茶面白かった!
まあまだ荒削りなストーリー展開だとは思うけど。
荒唐無稽で。
お腹を抱えて笑えた(^o^)
ちょっと注目していきたい二つ目さん!

喬太郎さんは「母恋いクラゲ」。
な・・・なんと!
オリジナルで聴くのは初めてだった(^^;)
随分前に作られた新作なのにね。
前に聴いたのは歌武蔵さん。
やはりご本人で聴くと迫力が違います!
これまた大笑い(^o^)
この会ではほとんど古典しか演らないのだそうだ。
私自身も。
最近の喬太郎さんでは古典ばかり聴いていた気がする。
懐かしい新作を聴くのも良いもんだね(エラソーだ(^^;))。

トリは花緑さんの「中村仲蔵」。
だいぶ久し振りの花緑さんで。
その時も「中村仲蔵」だった・・・(^o^)
ちょっと入れ事が多くて。
私には感動が薄いのだけど。
やっぱり中村仲蔵はちょっとクサく芝居っ気タップリにやってほしい!
そうは言っても。
今思えば中々良かったかなあ(←何故上から目線の発言?)。

帰りは知り合いのご夫婦二組と近くのお店で。
勝手に打ち上げ♪
仕事帰りでお腹が空いていた所為か。
スカートがきつくなるまで食べてしまった(>_<)
・・・ちょっとヤバイことに(-_-)

ちなみに。
この会は昨日だったのです。
[PR]

by kikoma0721 | 2016-02-03 21:30 | 落語 | Comments(0)